基本理念を持ち健康に!太陽光発電もエコ生活の一つ

20 2月

基本理念でエコ生活!

「もったいない」「モノは大切に」「無駄なモノは買わない」を基本理念としておけば、エコ生活は自然と身についてくるものですよ。70歳になる前には、老後の生活を考えて、火を使わない台所にリフォームするのもよいでしょう。ささやかな「オール電化・給湯システム」というわけですね。電気料金は若干高くなるかもしれませんが、ガスを使用しなくなる分、燃料費は結果的に安くなるんですよね。電気も割高な日中の使用は、極力控えるとよいでしょう。

太陽光発電にしないともったいない!?

太陽光発電もエコになりますよね。特に日照時間の長い地域なら、太陽光発電にしないのはもったいない気もしますね。日によっては、太陽の恩恵がないこともありますが、冬でも晴天の日には十分に利用することができるんですよね。環境にやさしく、かつ家計にもうれしいとして注目されているのが太陽光発電搭載住宅なんですね。太陽光発電で光熱費を削減できるだけではなく、多くが断熱性、気密性に優れた構造になっているなど、環境に配慮した構造になっているんですよ。

太陽光発電システム搭載住宅購入の注意点は?

太陽光発電システムは、日射量が少ないと発電量が少なくなってしまんですよね。都市部の住宅密集地で日があまり当たらない地域や、地理的に日射量が少ない地域は、システムの恩恵を十分に受けることができない可能性がありますね。太陽光発電システム搭載住宅は、やはり通常の住宅よりも割高になるんですよね。その費用と、システム導入後のメリットを比較して、十分に検討してみることが大切ですよ。エコロジーが行き過ぎるとエコノミーが停滞してしまいますよね。「もったいない精神」を維持しつつ、健康に暮らすのが本当のエコではないでしょうか?

太陽光発電は電気料金を節約出来るだけでなく、売電することによって利益を得ることが可能になる場合があります。