婦人科が苦手な女性必見!その気になる症状一度は相談を!

22 2月

生理痛が重たいけど、みんな一緒だよね?

年を重ねるごとに生理痛が重たくなっていると感じる方、仕事に行くのが辛い、薬を飲んでもなかなか効かない、そんな症状に心当たりはありませんか?ほかの人より少しだけ症状が重たいけど、女性なら当たり前の悩みだから・・・と諦めてしまいがちです。でもそこに落とし穴があるのです。薬が効かず、出血量も多いなと感じる方は思わぬ病気が見つかることもあるので一度婦人科で診てもらうのがお勧めです。今のところ、妊娠の予定がない方ならピル療法もありますし、生理中のスケジュールをわざわざ変えることもなく快適に1か月過ごせます。原因さえわかってしまえば、日ごろの不安もないですし、いつかの妊娠に備えて最低限の準備はしたいものです。

生理前に起こるイライラ、夜も眠れない、これって?

生理前には胸が張ったり、お肌が荒れたり頭痛がしたりと様々な不調がでてきますね。ここまでなら、まだ我慢もできます。しかし、仕事に支障が出るようなイライラや不安感は周りの方にも迷惑が掛かってしまい、仕事がしにくくなってしまいます。また、パートナーにも喧嘩を吹っかけてしまうなんてこともありえますよね。生理前に不眠気味になり悪夢を見るようになれば赤信号、もしかしたらPMSや生理前緊張症の兆候かもしれません。婦人科で簡単なカウンセリングから始めてみましょう、漢方療法なら薬が苦手な方にもおすすめです、アロマを取り入れて緩和させる等ライフスタイル少し手を加えることから始めるのも良い気分転換にもなりますね。

年に1回!それが最低限の目安!

婦人科は本当に行くのが億劫な場所の1つです。妊娠をしたときにお世話になる場所、とお考えの方は今一度考え直しが必要ではないでしょうか。今は女性がキャリアを積める時代ですし、子供を作るタイミングも夫婦それぞれの選択肢があります。しかし、それは体のメンテナンスがしっかりと行き届いているからこそ可能なことです。忙しい時に風邪を引くと病院に行きますが、生理痛が酷いから婦人科に行くというものではありません。自ら定期的に行くことを決めなければ足は遠のくばかりですよね。まずは誕生日の月に行くことからお勧めします、年に1回は定期健診を受けるようにしましょう。お気に入りのショップと同じように、行きつけのレディースクリニックを探すことも女性のたしなみの1つとして必要ですね。

巣鴨の婦人科の中には、駅から徒歩1分のアクセス抜群のクリニックがあります。受ける人が増加しているブライダルチェックもできます。